20世紀初頭に異常発達した物理学の総決算であり、
人類が元来持っている闘争心と、
飽くなき知への欲求が結実した究極の産物──
その複雑で精緻なメカニズムを、
純粋に物理学の側面から解明していく。
多田将のライフワーク、ついに完成。

多田 将

京都大学理学研究科博士課程修了。理学博士。
京都大学化学研究所非常勤講師を経て、 現在、高エネルギー加速器研究機構・素粒子原子核研究所、准教授。

著書
すごい実験』『すごい宇宙講義』『宇宙のはじまり ミリタリーテクノロジーの物理学 <核兵器>ニュートリノ』(以上、イースト・プレス)、
放射線について考えよう。』(明幸堂)

刊行記念イベント

「核兵器の物理学」

東京カルチャーカルチャー
11:30 開場 12:30 開演
出演: 多田 将 (高エネルギー加速器研究機構・素粒子原子核研究所准教授)
司会: テリー植田

詳細: http://tokyocultureculture.com/event/general/26135

書籍詳細

『核兵器』著:多田将 (明幸堂)

定価:本体 9,000円+税

  • A5判・上製・440頁
  • ISBN978-4-9910348-1-7 C0042
  • 2018年12月22日 発売